ペットホテル|預ける施設・一緒に泊まれる宿

【目次】

ペットと泊まれるホテルやペンション

近年のペットブームによって、ペットと一緒に泊まれるホテルやペンションが増えています。
中には愛犬用のトイレがついていたり、ドッグメニューや犬用スイーツを多彩に用意したレストラン・バーが併設されているホテルまで出来ています。
そんなペットと泊まれるホテルやペンションを利用する場合に気をつける点を紹介します。
まず同じ客室での宿泊の場合は、大型ペットは無理というところが多く。
また法律に基づいた伝染病の複合ワクチンの予防接種を受けていることも条件になります。
この他の注意点としては、客室以外のホテル施設内及び庭園内では、必ずカゴの中に入れる。
客室以外のホテル施設内では、食べ物や飲み物を与えない。
客室内にて滞在中は、ペットサークルを使用する。
近所に散歩に出かけた際は、きれいに足を拭く。
鳴き声が他の客の迷惑にならないようにする。
つまり、人間と同じように、周囲の人と、後でその客室を使う人も快適に過ごせるように配慮するということです。
ペットと泊まれるホテルやペンションを探すには「じゃらんnet」がおすすめです。
犬やペットと泊まることができるホテル情報が満載です。
じゃらんの「わんことお泊まり」では、ぺっとと泊まれるホテルやペンションのほか、お遊びスポットやペットと一緒に旅行に行くときの準備や注意点、ホテルやペンションなどの宿泊先でのマナーなどがしっかり掲載されていますので、ペット同伴旅行初心者にもとても便利です。

ペットホテルの利用法

ペットホテルは、旅行や出張などの理由で、ペットと離れなければならない場合、ペットを預かってくれるホテルのことです。
四角い籠、ケージがたくさん積んであるだけと言ったイメージのペットホテルから、近年では、ペットホテルの仕様、設備、サービスも多彩になり、スタッフ、店舗の質の向上もあって、ペットホテルのイメージはだんだんよくなっています。
現代人の生活のパートナーとしてペットの飼育世帯が増加してきている一方、レジャーの多様化、大型化により家を離れる機会が増えたため、ペットホテルの需要が急激に伸びて来ています。
旅行や出張で家を空けなければならないときには、大変役に立つ施設です。
2005年12月1日、成田空港内に国内最大級のペット専用ホテルがオープンしたのがきっかで、最近では空港内で預かってくれる所が増えてきています。
ペットホテルの設備をみてみると、基本としてペットが宿泊する個々の部屋があり、ペットホテルの立地条件によっては、散歩用の運動場などが併設されています。
利用するペットホテルの所在地を分類すると、市街型、郊外型、空港近郊型に大きく分けられます。
市街地タイプは、自宅に近いので預けやすいのがメリットです。
郊外タイプは敷地が広く環境に恵まれています。
空港近郊タイプは、旅行出発時に、ギリギリまで一緒にいることができて、到着時にはすぐ会えることがメリットです。
ペットホテルの選び方は、伝染病の複合ワクチンの予防接種を利用条件にしているホテルを選ぶことが重要です。

ペットホテルの相場

ペットホテルは、旅行や出張などの理由で、大切なペットと離れなければならない場合、ペットを一時的に預かってくれるホテルのことです。
ペットホテルの利用料金は、ペットの大きさによって異なり、大きなペットになるほど高くなります。
また、ペットホテルによっては大型のペットは預かってくれない場合もありますので、良く調べましょう。
ペットホテルの料金の相場は、だいたい小型犬で3.150円〜、中型犬で4.200円〜、大型犬で5.250円〜、超大型犬で6.300円〜、ネコで3.150円〜、小動物で1.050円〜となっています。
また、ホテルによっては、宿泊サービスの場合、長期になると料金割引サービスがあります。
ゴールデンウィークや年末年始、お盆の期間には、利用料金が数パーセント、割り増しされるホテルもあります。
エサとカゴは持込になります。
伝染病の複合ワクチンの予防接種を利用条件にしているホテルもあります。
各ペットホテルによって利用規約なども違いますから、事前に問い合わせてみましょう。
一方、成田空港のペットホテル「アイランド」は、230室あり、小動物(フェレット、ウサギ、プレリードッグ、チンチラ)1泊1.050円。
猫・小型犬@スタンダード2.100円。
Aデラックス3.150円。
Bスイート4.200円。
中・大型犬@スタンダード2.650円。
Aデラックス4.200円。
Bスイート5.775円。
24時間スタッフが常駐し全室エアコン完備です。
ペットホテルを賢く利用してください。

地域別のペットホテル

ペットホテルを札幌で探すなら

ペットホテルを札幌で探している方に、おすすめのお店をいくつか紹介したいと思います。
今後札幌でペットホテルを利用する方は参考にしてみて下さいね。
ちなみに札幌には多くのペットホテルが存在します。
その多くが犬・猫・小動物・鳥とペット全般を取り扱っていますが、猫の場合デリケートな生き物な為、必ずしもペットホテルを利用できるとは限りません。
ですので、もし猫をペットホテルに預ける場合は、猫専門であるか、猫可能であるかを調べてからご利用下さい。
最初に紹介するペットホテルは、札幌市内に多くの店舗を構える「ワンダードッグ」です。
店舗によりホテルがない場所もありますが、生体販売やフード、用品販売などとても充実したショップになっています。
またワンダードックでは猫の利用も可能で、猫の場合小型犬扱いに入るようです。
1泊2日ドライフード付きで2100円。
それ以外の犬種は超大型犬で6300円、大型犬で5250円、中型犬で3150円となっています。
ただし混合ワクチンを1年以内に済ませているのが条件になっており、摂取できていない犬や猫は預かり不可の可能性が高いので、利用される方は一度スタッフまで問い合わせてみて下さい。
また要予約制なので、ホテルを利用する際は予約日3日前までに予約するようにしましょう。
その他、犬や猫のグッズをオンラインショップや店頭販売しているので、ペットホテル以外の利用も可能です。
もしもの場合もクリニックが傍にあるので安心です。
8店舗あるので、お近くの場所を利用下さいね。
次におすすめなのが、愛犬の美容とホテルの「リトルドッグ」です。
ここでは犬の性格を重視した上でワンちゃんの預かりを行っており、どうしても性格上お泊りが不可能なワンちゃんや猫ちゃんの場合は利用できない場合もあります。
ですので、ホテルを利用する際はお客さまとの入念な話し合いを行う為、少々時間が掛かります。
それでも動物のことを真っ先に考えてくれているので、預かった時には非常に安心できます。
ただお店を1人で切り盛りしているので、急いでいる方は予約されたほうが安心かと思います。
業務内容は一般的なトリミングに加え、爪切りや耳掃除といった部分カットも行っています。
ホテルは中型犬と小型犬、猫の利用が可能で、料金は1泊2日3500円〜と2500円〜になっています。
アットホームな雰囲気なので、非常に利用しやすいと思います。
最後におすすめする札幌のペットホテルは、中央区にあるトリミング&ペットホテル専門店「ドッグスターアトム」です。
ここではトリミングやホテルだけでなくワンちゃんの為の健康食品やグッズの販売も行っており、その他無料送迎やポイントカードといった様々なサービスも充実しています。
こじんまりとした外観ですが、清潔感があるので安心して利用できます。
ホテル利用料金に関しては「ドッグスターアトム」の公式サイトにて掲載されているので、チェックしてみて下さい。
ちなみに猫の預かり可能です。
以上がおすすめのペットホテルになりますが、他にもまだまだ多くのホテルが存在します。
今回おすすめを紹介しましたが、犬の性格によって合う・合わないはあると思います。
ですので、もしこういったホテルを利用する場合は、お店のスタッフとしっかり話し合った上で決めて下さいね。

ペットホテルを東京で探すなら

東京のペットホテルで利用できるオススメショップを幾つか紹介したいと思います。
東京都でもペットホテルは様々なタイプがあるのですが、例えば動物病院と併設している、トリミングなどボディケアを扱うショップ、宿泊のみを受け付けているお店などです。
また、利用する際には料金が安い方が良いのか、近い場所が良いのか、料金は高くてもペットがくつろげるように施設が充実しているなど、どの部分に重点をおくか考えておくようにしましょう。
東京のペットホテルで動物病院にある施設でオススメなのが「シートン動物病院」です。
動物の医療施設だから万が一の時でも安心できますし、予防注射など病院に行くついでに利用してみるのも良いでしょう。
特に持病を持っている、高齢であるペットは留守にしているときに万が一何か起こってしまっても、動物病院にある宿泊施設なら直ぐに処置してくれますから安心して外出できると思います。
料金は大型犬で6000円、猫や小動物では2800円程度で利用する事ができます。
泊まる時には予防接種が義務付けられていますが、受けていなければチェックインの際に受けてから入る事になります。
散歩や食事の面でも充実しており、動物病院としても評判が良く安心して預けることが出来ます。
住所は東京都調布西つつじヶ丘1丁目29-8で、お近くなら病気の診察も丁寧で親切にしてくれますのでこちらがおすすめですよ。
東京のペットホテルで次に紹介するのが「ペットシッター&ホテル ヌーノクラブ」です。
こちらはゲージに閉じ込めるのではなく自由に歩きまわれる所が良いという方におすすめのペットホテルです。
ワンちゃん猫ちゃん小動物などを預かる事が可能で、ゲージに入れるのではなく自由に広々とした室内でくつろぐことが出来ます。
もし、他の動物とケンカしてしまう、慣れないという場合はフリースペースで寛ぐことは難しいかもしれませんが、他の動物とも仲良くなれるなら自由な雰囲気で自宅で寛いでいるこのお店はファンが多いことでも有名です。
ワンちゃんはワンちゃん専用、猫ちゃんも猫ちゃん専用のサークルとなっていますから安心ですし、またそれぞれが単体で入れるゲージもありますので、初めての利用の場合でも問題ありません。
ゲージフリーの場合では1日3150円〜6300円。
また、訪問してペットのお世話をするペットシッターでは1時間2625円の料金となっています。
近くの場合では有料にて送迎もしてもらえますので、車の無い方でも利用する事ができます。
住所は中野区上高田5−47−3で、お近くまたは送迎の範囲内であれば相談してみてはいかがでしょう。
そのほか、東京にはおすすめのペットホテルがいくつもありますが、ご自分のニーズと照らし合わせて大切なペットが過ごしやすいホテルを選んであげてくださいね。

ペットホテルを横浜で探すなら

どうしても一時的にペットと一緒に過ごせない時に便利なペットホテルですが、横浜でおすすめのペットホテルをいくつか紹介します。
ペットホテルとは、飼い主が旅行や行事、その他の事情でペットと一緒に行けない時に預ける事ができる施設です。
ペット専門の宿泊施設で、ペットホテルを専門のしているホテルもあれば、ペットショップや動物病院など動物を扱う施設と平行して営業しているところもあります。
いずれも動物取扱業の保管業を取得しています。
サービス内容も宿泊だけでなく、食事はもちろん、しつけや散歩のサービスなど、ホテルごとに特色があり、横浜では多くのペットホテルがあるため、より希望にあったホテルを探す事ができます。
その中のひとつ、「ペットシアター&ホテル リバーサイド横浜」は、神奈川県横浜市緑区白山1-23-4にあるペットホテルで、1フロアー1ルーム、6帖の洋室を貸し切ることができます。
のびのびと部屋の中でくつろげる他、室内はエアコンによる空調設備や空気清浄、そしてセコムによるセキュリティも整っていて、安心して預ける事ができます。
さらに川沿いの散歩や、朝夕の食事、そしてトイレのお世話などをしてもらえる上、キッチンがあるため切ったりゆでたりなどの簡単な調理であれば対応してもらえ、各家庭で用意した食事も専用の冷蔵庫で保管してもらうことができる点が嬉しいポイントです。
チェックインチェックアウトは24時間対応で、宿泊料金は1頭の場合、小型および中型犬であれば1泊5000円、大型犬では7000円、小動物では2000円となっています。
預かっている間の様子は、日誌か携帯メールによって報告してもらえますので、留守中に大切なペットがどのような様子であったかを知ることができるのも嬉しいサービスですね。
次にご紹介するのが「犬幼稚園 Buddy Dog hotel」です。
こちらは、横浜市都筑区葛が谷12-4にある、犬のしつけを通園形式で行っている「犬幼稚園」のペットホテルです。
しつけに力を入れているホテルならではの内容もありこちらも人気のホテルとなっています。
空調設備が整っていることは大前提の上で、ケージの無い環境で、一日辺りに預かる頭数を制限していたり、運動や健康管理などの指導サービス、そして丁寧な食事提供など、ワンランク上のサービスを心がけている事が特徴です。
ホテルの周りには公園や車の来ない遊歩道もあり、毎日散歩をしてくれる他、犬幼稚園に通っている犬たちとのふれあいもさせてくれます。
宿泊料金は1泊10000円で、朝10時から翌日19時までの最長33時間が1泊分となっています。
このように、横浜にはそれぞれ特色を持ったペットホテルがありますので、自分や愛犬に合った環境で安心して預けられるホテルを選んで使ってみて下さいね。

ペットホテルを埼玉で探すなら

ペットホテルは埼玉にも存在します。
埼玉にあるペットホテルの数は多く、愛犬や愛猫を預けたい時、非常に助かりますね。
そんなペットホテルの数が多い埼玉の中で、おすすめのペットホテルを3件ほど紹介したいと思います。
お近く方は利用してみて下さいね。
まず、最初に紹介するお店は、埼玉県新座市にある「カラフルリネイジ」です。
ここのお店の特徴は、運動タイムと散歩タイムと外にいる時間が多い為、犬にストレスを与えることなく預かり中も自由に過ごさせてくれるところです。
ただ多頭飼いには向いておらず、1匹や2匹といった少頭飼いの人向けのペットホテルです。
また20〜25kgの犬の場合は要相談になっているので大型犬を飼っている方でこちらのお店を利用する場合は、一度ショップに問い合わせしてみて下さいね。
次に紹介するお店は、JR東大宮駅から徒歩5分のところにある「Lovely Dog An」です。
第二産業道路沿いにあるので、比較的分かりやすいと思います。
ここでは小型〜大型犬と一時預かりが可能で、3泊4日以上の利用の場合は10%割引とお得になっています。
店構えも店内も清潔感があり落ち着いているので、ペットだけでなく飼い主も安心できると思います。
他にもペット用のグッズやトリミングなども行っているので、非常に便利です。
駅からも近いですし、埼玉でペットホテルを利用する際は「Lovely Dpg n」をチェックしてみて下さい。
同じくさいたま市内にある「エクセル」は、犬の他に猫の預かりも可能となっています。
ただ25kg以上の大型犬は預かり不可で、また体調不良であったり、ワクチン接種ができていない犬や猫、生後5カ月未満は利用できません。
料金に関しては公式サイトにて記載されているので、そちらをご覧になって下さいね。
ちなみに利用する際は飼っている犬猫が普段食べているフード、ワクチン証明書、首輪とリードが必要になります。
その他に関しては、一度お店に問い合わせてみて下さいね。
その他にも、埼玉には多くのペットホテルがあります。
店によってサービスや預かり可能な犬種など異なってきますので、利用する前に一度お店に問い合わせてみると良いでしょう。
ちなみに大体のお店は病気をしている犬猫やワクチン未接種の犬猫は預かり不可となっています。
まずホテルを利用する前に、インターネットなどで預かる上での注意点をしっかり読んでおくことをおすすめします。
また大切なペットを預かってもらうわけですから、お店の人の対応も重視したいところ。
口コミなどがあれば読んでおくと利用する上で安心です。

ペットホテルを千葉で探すなら

ペットホテルは、千葉県にも数多く存在します。
急な用事でペットを連れて行けない場合や、長期間家を空ける時など、ペットホテルがあると安心できませんか。
でも、どんなお店が良いか、あまりよく分からないと思います。
千葉県のペットホテルといっても様々ですが、ここではおすすめの千葉県のペットホテルをいくつか紹介したいと思います。
役立ててみて下さいね。
まず最初に紹介する千葉県のおすすめペットホテルは、朝6時からチェックインできる「DOGS-TOTAL DOGGY LIFE」です。
ここでは小型犬から大型犬と幅広い種類の犬を預けることができ、預けた犬がどんなことをしているのか、リアルタイムで動画を見ることができるようになっています。
こういったサービスは、飼い主にとってはとても助かりますし、安心して旅行や用事を済ませることができると思います。
その他にも犬のサイズに合わせたゆったりサイズのサークルや、お散歩コース、2時間からの預かり可能など、サービスも充実しています。
利用料金などに関しては、公式サイトでチェックしてみて下さい。
次に紹介するペットホテルは、犬の他にフェレットやモルモット、ハムスターといった小動物の預かりも可能なペットホテル専門店「ワンデル」です。
ここではストレスの受けやすい犬でも、安心して預けることのできる個室制になっているのが特徴です。
もちろん多頭飼いの人用のプレイルームもあります。
通常皆のプレイルームとして使用されますが、犬の数が多い場合、このプレイルームでお泊りするようになっています。
他にも外で遊べるドッグランや飼い主の要望も相談次第できちんと対応してくれます。
ですので、多少ストレスを受けやすい犬でも安心して預けることができますよ。
愛犬の為に色々注文を受け入れてほしいという人は、「ワンデル」がおすすめです。
最後に紹介するお店は、犬用の温泉が用意されている「アニマー湯」です。
温泉の特徴は、入浴剤でノミやダニ、害虫予防や皮膚トラブルを予防できる入浴剤を使用していることで、愛犬家はもちろんのこと獣医からも好評を得ています。
成分は硫黄・酸化カルシウム・甘草・醋柳・人参・浄水・プロポリスなど。
ブラッシングした後、シャワー&シャンプーをしてからアニマー湯入浴をします。
その後ドライヤーで乾かし、完了です。
もちろんお預かりも可能で、幅広い種類の犬を預かってくれます。
猫の預かりも可能なので、猫飼いの人も利用できますよ。
予約制ですが、お散歩やおやつ、食餌も付いているので、安心して預けることができます。
料金や預けられる犬種はお店によって異なります。
ですので、もし千葉県内または全国のペットホテルをお探しの方は、一度インターネットで調べてから利用することをおすすめします。

ペットホテルを名古屋で探すなら

名古屋市内にあるペットホテルはネット上で確認出来るだけでも20軒はあり、全国的にも多いことに驚かされます。
旅行先が愛知県周辺なら、近くにペットを泊めるホテルも苦労しないで見つけられそうです。
勿論、名古屋に限らず通常ペットホテルと言えば飼い主が不在の間預かってもらう施設の事を言いますが、動物病院が併設されていれば何かと安心です。
松波動物病院は天白区中砂町にある動物病院で、ホテルの他に美容室や犬のしつけ教室なども行っている施設です。
最寄り駅は地下鉄新瑞橋駅から名鉄神宮前・新瑞橋−島田一ツ山行きのバスで下八事下車してすぐです。
チェックインは平日9:00〜20:00、チェックアウトは9:00〜17:00で、いずれも12:00〜13:00は除きます。
料金は猫ならどの種類でも3,680円、犬は大きさによって異なりますが、こちらは大型犬も受け入れOKで、セントバーナードタイプが6,300円と最も高く、チワワは3,680円と最も安価です。
この料金は1日の料金ですので、一泊すると2日分の料金が必要となります。
条件としては伝染病予防ワクチンを接種していることで、他の施設で受けている場合は1年以内の証明書が必要です。
呼吸器系の病気がある場合は預かれない様ですが、高齢の場合や心臓疾患のあるペットは事前に診察を受けていれば預かって貰えるようです。
ただし、投薬が必要となりそうな場合は入院扱いになるようです。
名古屋大学のある鶴舞駅から200mくらいの所にあるペットホテル・シアンは、広くて清潔な部屋で冷暖房完備、そのうえペット専用のBGMまで流しているようです。
モニターテレビが設置されていて、健康管理を常時行っています。
また、犬の場合は 朝昼夕に3回散歩させるだけでなく、室内運動場が完備されているので運動不足が気になるワンちゃんにはもってこいです。
 また、時間帯や場所によっては有料になる場合もあるようですが、送迎もしてくれます。
料金は犬の場合は小型犬と中型犬のみで、それぞれ1泊2日で3,000円と4,000円、猫は一律2,500円です。
日帰りの場合はそれぞれ半額で、送迎については中区は無料、東区、千種区、昭和区も一部は無料で、それ以外の地域でも店から4km圏内なら500円から1,000円で対応してくれます。
ちなみに、食事は持参すること、猫の場合はトイレケースと猫砂を持参することが前提になっています。
他に日常使っているものがあれば、ペットに安心感を与えるために持参すると良いでしょう。
同じく名古屋市内のペットホテルで、クリニック併設のアニマル医療センター・桃ペットクリニックがありますが、犬や猫だけでなく、亀や鳥、小動物も預かってもらえる珍しい施設です。
全ての動物を1時間300円で預って貰え、1泊2日の場合猫は一律4,600円、犬は小型犬が4,800円、特大犬が6,800円です。
鳥系は野鳥は1,600円、その他は2,400円から4,000円まで種類により異なります。
亀は2,600円となっていますが、これはミドリガメとホシガメでは水棲・陸棲で異なりますし、大きさも様々なので事前に電話で確認を取ることをお勧めします。
尚、料金は全て税抜きです。
名古屋市のペットホテルの中でも営業時間が朝5時までと、ひときわ長いのがワンラブです。
ペットの送迎も片道525円で可能で、店舗近所の場合は無料の場合もあるようです。
最長1年まで長期の預かりも可能となっていますので、家の建て替えなどで一時的にペット不可の住居に入居する場合などに利用すると便利です。
料金は猫は4,200円、犬の場合は小型犬で3,675円、大型犬になると7,875円と大きさにより細かい料金設定がされています。
また、散歩、耳掃除、爪切りなどオプションも充実しています。
ワンラブは名古屋市内に3店舗あり、栄駅・伏見駅・桜通線丸の内駅・久屋大通り駅を囲んだ四角の真ん中にあるのが錦本店、本星崎駅から徒歩10分の星崎店、そして北区玄馬町のドン.キホーテ名古屋本店の1階にあるCROSSTOWN店です。
紹介しきれないほど名古屋には様々な特徴を持つペットホテルがありますので、飼い主とペットのニーズに合った施設を選らべそうですね。

ペットホテルを大阪で探すなら

大阪でペットホテルの情報を探していますか。
普段からを利用されている人へ、これから利用を考えている人にも、ペットホテルについて詳しく触れながら大阪のペットホテルを紹介したいと思います。
ペットホテルとは、ペットの飼い主が旅行や出張などの留守中にペットを預かるペット専用の宿泊施設で、専門で営業している施設の他にも、ペットショップ・トリミングショップ・動物病院など、動物取扱業「保管」業を取得しているペット施設が預かりサービスを提供している場合もあります。
近年ペットホテルは増加傾向にあり、ペットの飼い主が気軽にペットを預けたいという需要や、大都市の住宅事情として、身近にペットを預けられる人・家持の人がいないといった問題も増加傾向の要因となっています。
過去においてはペットホテルの環境が悪かったこともあり、狭い部屋という環境のストレスから下痢などの体調不良を起こしてしまう問題がありましたが、現在においてはペットもリラックスして滞在できる環境が充実しているようです。
最近では楽天トラベル・ペットホテル専用予約サイトなどでインターネットから簡単に予約できるサービスも充実していて、旅行出発の直前・旅行先までペットといたい飼い主に親しまれています。
さて、本題の大阪におけるペットホテルについてですが、何件かおすすめの店舗を紹介したいと思います。
大阪府和泉市にある「PET HOTEL Le chateau des animaux 」では、犬舎の大きさが全部屋縦横1.5mというビックサイズで、VIPROOMでは縦2m10・横5m40という充実した大きさで、初めてペットホテルに預けると言う人でも安心できます。
約50坪・約50坪の広さをもつドッグランは天然の芝生で作られていて、転んでも安心です。
夏限定ではありますが、犬専用プール設置が設置されていて、至れり尽くせりです。
宿泊費も一番安いプランで3,500からあり、VIPROOMなど充実したプランでも10,000円を切る安心価格となっています。
大阪市西区にある「DOG SWEET mole:mole」では、靱公園のすぐ隣にある立地条件を活かして充実した散歩を行っています。
安心宣言として消毒液にラファンシーズのダブルブロックを使用する、食器類はオゾン水につけこんで消毒するなど、快適にすごせる環境作りも徹底していて、最近のペットホテルのサービス向上の様子を伺うことが出来ます。
また、ペットの体調が心配と言う人にもおすすめなのが大阪市北区にある「フレックス動物病院」で、動物病院という特性を活かし、ペットが体調を崩してもすぐに対処できる、飼い主にも安心してもらえるサービスを提供しています。

ペットホテルを福岡で探すなら

ペットホテルを福岡で探しています。
愛犬や愛猫を一緒に旅行に連れて来ても、一緒に旅館へ泊ることが出来ないことがほとんどです。
ペットホテルが福岡にあれば、そこに預けて気兼ねなく観光できますし、何よりもプロがお世話してくれますから、飼い主だけではなく、ワンちゃん、ネコちゃんも安心です。
福岡市でオススメのペットホテル「ワンパークホテル」は、24時間利用できて、ワンランク上の技術と充実した設備が揃った宿泊施設です。
通常の宿泊ルームとは別にVIPルームも用意されていて、床壁面全てが大理石でできています、それだけではなく、VIPルームにはWEBカメラがついていますので、携帯電話やPCから24時間、部屋の中の様子を見ることができますので、愛犬の様子をチェックすることが出来ます。
これならペットホテルを福岡で初めて利用する人でも、安心して預けることが出来ますし、おまけに便利な場所にありますから気軽に利用することができます。
またここでは無料送迎も行なっていて、送迎には独自の特別ゲージを使用しますから、長距離でも車酔いすることがありません。
ですからワンちゃんも機嫌を損ねることがなく移動することができるのです。
またワンちゃんの美容と人間用の美容サロンも併設されていますので、愛犬と一緒にリラックスすることが出来ます。
タイミングが良ければ、ドッグカフェでドッグウェディングを見ることが出来ますよ。
またもう1軒おすすめのペットホテルが福岡空港の近くにある「Orion(オリオン)」です。
ここでは犬をはじめとして、ネコやウサギ、小動物まで預かってくれます。
空港の国内線沿いにあるので、大変近くて便利ですが、さらに空港施設内での受け渡しも可能です。
これから旅行に行く人なら、出発まで一緒に過ごすことが出来ますし、帰着してすぐに愛犬に会えて、一緒に自宅に帰ることが出来るのは嬉しいサービスです。
ここはペットホテルの福岡市内のお店の中でも、最近増えてきているアレルギー体質のワンちゃんの体質改善やセラピー活動に力を入れているお店です。
その他、おもしろいところでは、「今林動物病院」は獣医師の管理のもとに、ワンちゃんを動物看護士がお世話しますので、動物病院ならではの安心感から、多くの人が利用しています。
またペットホテルを福岡で探しても、ウサギやハムスター、そして小鳥まで預かってくれるのは、ここを含めても余りないと思います。
エサは持参しなければいけませんが、犬やネコとは別室で面倒を見てもらえますので安心です。
何よりも動物病院ですから、健康チェックには余念がなさそうですし、本当に安心して任せることが出来ます。

羽田空港のペットホテルなら

羽田空港のペットホテルを利用すれば、愛するペットを置いて安心して旅行ができます。
現在はペットブームが続き、ペットに愛情を注ぐ人が増えました。
ペット飼育可能なアパートやマンションが増加し、一戸建てなくてもペットを飼うことができるようになりました。
またドッグカフェやドッグランなど日常でもペットを連れて楽しめるスペースが増え、大都会でも気兼ねなくペットと一緒の生活を満喫できるようになって来ました。
また地方の観光地やリゾート地でも、ペット同伴ができるホテルや旅館が人気を博しています。
ただの愛玩動物としてではなくれっきとした家族の一員としてペットを飼い、人生を共に歩むという考えの人が増えていることに呼応した現象でしょう。
そうはいえどもやはり旅行先にペットを連れて行けないこともあります。
旅行先でどうしてもペット同伴可のホテルが取れなかった場合や、仕事の出張などではお留守番を余儀なくされることもありますね。
さらに犬種によっては体調不良をきたす可能性があるため、飛行機会社で搭乗を拒否されることもあるようです。
そんなときに利用することになるのがペットホテルです。
ペットホテルは大切なペットたちを旅行期間中しっかり預かってくれるとても便利な施設です。
特にその立地条件のよさで人気を博しているのが羽田空港ペットホテルです。
こちらは羽田空港第一ターミナル内にあるペットホテルなので、空港までペットと一緒に来ることができます。
さらに旅行から帰って飛行機を降りたらすぐにペットに会うことができるのです。
旅行のときはバタバタしていて忙しいもの、自宅とも空港とも離れた場所のペットホテルに預けるのは大変です。
羽田空港内にあるペットホテルなら、飼い主さんにもペットにも移動の負担が少なくて安心ですね。
羽田空港ペットホテルには広々としたドッグランも併設されています。
飼い主さんと離れて不安で寂しい時間を過ごすペットたちも、のびのびと走り回ることができれば気分転換になりますね。
フードや飲み水もこだわり、ナチュラルなフードとアルピナのピュアウォーターでペットの体調も管理してくれます。
さらにお留守番の間にトリミングを頼むこともできるので、旅行先から帰ってきたらさっぱりとキュートになったペットに対面する楽しみもあります。
ケージでのエコノミーな宿泊から、広々とした個室でのお預かりまであるので神経質な子から大型犬でも安心ですね。
ペットとの幸せな暮らしと旅行とを両立できるペットホテルを上手に利用すれば、人生がより味わい深いものになります。
羽田空港ペットホテルはそんなあなたとペットの暮らしを応援してくれる心強い施設です。

成田空港のペットホテルなら

成田空港を周辺のペットホテルを探しているなら、アイランドペットホテル成田空港がおすすめです。
アイランドペットホテル成田空港は、成田空港の駐車場を運営しているUSAグループの直営ペットホテルとなります。
敷地面積は1200坪で、エアコンが完備された部屋の数は230部屋、屋内、屋外共に運動場が完備されているので、空港内のペットホテルの利用客が多すぎて預けられないという場合も、慌てることがありません。
預けることができる動物は、犬猫の他に、フェレット、ウサギ、プレーリードッグ、チンチラの小動物となりますが、50キロを越える大型の犬は、断られてしまう可能性があります。
猫は爪が伸びすぎていないように事前にカットしておきましょう。
また、予防接種の証明書などは、無いと預けることができないので、忘れないようにしましょう。
種類に関わらず餌は持参となりますので、いつも与えている餌を忘れず持参するようにしてください。
冷蔵庫とレンジはあるようなので、手作りの場合は保存が効くものにして、調理済みのものをタッパーなどに入れて渡すようにしましょう。
食事は1日2回、犬の場合は2回の散歩付きとなっています。
各部屋の大きさは、猫、小型犬、中型犬、大型犬の4種ごとに、スタンダード、デラックス、スイートと呼ばれる大中小のサイズが選べます。
小動物はケージを自分で用意してそのまま預ける形になりますが、ケージがない場合は、猫と同じ扱いになります。
例えば、一番小さな猫のスタンダードで、50X60X82センチ、一番大きな大型犬のスイートで273X170X206センチとなります。
料金は小動物で1日1000円、猫と小型犬は部屋が小さい順から2000円、3000円、4000円、中型犬と大型犬は順に2500円、4000円、5500円かかります。
12日以内であれば、上記の値段と預ける日数をかけた料金がかかります。
それ以降も預けるのであれば、一日あたり半額の料金が加算されるようになります。
アイランドペットホテル成田空港なら、預けている間にトリミングもしてもらえますし、駐車場と同じUSAグループの運営なので、旅の間車も一緒にそのまま預けることができます。
旅行の途中でペットを連れてあちこち移動するのは気疲れしてしまいますが、アイランドペットホテル成田空港なら、家から荷物と一緒に車にペットを乗せて、車を預けるときに降ろして、一緒に預けることができます。
旅の帰路は疲れが溜まっているものですが、帰るときも車と一緒に引き取って、すぐ車に乗せて家を目指すだけです。
とても効率的で、便利ですから、ペットを気にして長期の旅行を控えていた人も、このアイランドペットホテル成田空港を活用して旅行を楽しんでください。

ペットと住めるマンションや賃貸

近年ペットを飼う人口が増加しています。
この現状を受けてペットと住めるマンションや賃貸が増えています。
今までペット禁止が多かった理由として、ペット(犬、猫、うさぎなど)特有の臭いや吠える声の問題などがあり、ペットを飼うことが出来ない決まりになっているマンションや賃貸がほとんどでした。
犬はやはり、吠え声がうるさい、こわいなどという問題があり、猫には、柱や畳をひっかいたりするという問題がありましたが、最近では新築販売型や分譲マンションでは「ペット共生」型の商品が売れていて、逆にそれをセールスポイントにして販売するところも多くなっています。
また分譲だけでなく賃貸住宅でも、家賃はやや高めになりますが、ペットと同居可のマンションもできてきています。
ペットと住めるマンションや賃貸を借りるときの注意点は、通常敷金は2ヶ月分の物件が一般的ですが、ペット可物件では通常敷金より1ヶ月加算された3ヶ月分というところが多くなっています。
ペット可物件の場合、ペットによる損傷がでるリスクが高いため敷金を高く設定しています。
賃貸物件のトラブルの多くは、退室の際の原状回復についてです。
借りる前に不動産会社、大家さんと納得するまで話し合っておくことが大切です。
今ではペットがいる生活が日常的になり、むしろマンションや住宅もそれに対応していかなければならないのが現状です。
そして、ペットと共生できる空間作りの技術も向上していかざるをえないと言えます。